知財実務研究

「除雪具」の発明把握

 テレビ番組の中で「除雪具」のアイディア商品についての紹介がありました。それが、特許第6282707号に対応するものであることは、すぐにキャ…

第3条第1項第3号の商標

 商標実務の中で、商標法第3条第1項第3号、つまり、商品の産地、販売地、品質その他の特徴等の表示又は役務の提供の場所、質その他の特徴等の表示…

「美肌ローラ」の発明から学ぶ-特許法第167条の捉え方

 「美肌ローラ」の控訴審、平成29年(ネ)第10086号損害賠償控訴事件(平成30年12年18日判決言渡、知的財産高等裁判所第3部)は、特許…

「美肌ローラ」の発明から学ぶ-無効理由に対する裁判所の捉え方

 「美肌ローラ」に絡む裁判事件は、一つに、平成28年(ワ)第4167号損害賠償請求事件(平成29年8年31日判決言渡、大阪地方裁判所第26民…

「美肌ローラ」の発明から学ぶ-無効審判

 メインの特許発明は、先に述べたとおり、次の内容です。 この「美肌ローラ」の特許発明は、A ローラへの通電によって、毛穴の中の汚…

「美肌ローラ」の発明から学ぶ-審査経過

 審査の対象のメインクレームは、先に述べたとおり、次の内容です。 この「美肌ローラ」は、柄の一端の導体製ローラと、そのローラに電力を…

「美肌ローラ」の発明から学ぶ-特許を受けようとする発明の把握

 まず、特許を受けようとする「美肌ローラ」の発明について、検討したいと思います。 「美肌ローラ」の出願時点のメインクレームおよび関連する…

「美肌ローラ」の発明から学ぶ-はじめに

 「美肌ローラ」は、特願2007‐324077号として特許出願され、特許庁の審査において特許第5230864号として特許が認められました(第…

ふりがな付きの商標

 商標登録出願をする際、漢字を含む表記に対し、(称呼を明確にするため)ふりがなを付けるべきか、あるいはどのようなふりがな表記をすべきか、に悩…

裁判所のある考え方 -特許クレームの作成、解釈のヒント-

 進歩性関連の裁判例を追っていたところ、平成22年(行ケ)第10064号審決取消請求事件(知的財産高等裁判所平成22年10月28日判決言渡)…

さらに記事を表示する
PAGE TOP