知財実務研究

その他

「知的財産に関する専門家」の喜び

 弁理士法第1条に「知的財産に関する専門家」という表現を見出します。また、知的財産については、知的財産基本法第2条が、発…

著作物の保護期間に思う

 下記の画像は、文化庁のHPから抜粋した「著作物等の保護期間」を示します。 TPP11協定の発効日が平成30(2…

中小企業の知財を再び考える

 下記の二つの図は、特許行政年次報告書2018年版(いわゆる、特許庁年報2018)からの各抜粋です。 前の図…

中小企業の知財を考える-その2

 下記の2つの図は、先の小論で紹介した、中小企業研究センターの年報2014年度版からの抜粋です。 これらの図に関…

中小企業の知財を考える

 下記の図は、特許行政年次報告書2018年版(いわゆる、特許庁年報2018)からの抜粋です。 この図に関連し、特…

知財の存続期間に思うこと

 創作にかかわる主な知的財産権の存続期間(権利が生き続ける期間)は、次のとおりです。特許権:特許出願の日から20年(…

このコラムの趣旨

 特許をはじめとした知財実務に日々携わっていると、いろいろな疑問に出くわします。多くの実務家は、そのような疑問を深くは追…

PAGE TOP