知財実務研究

気になる審判決例

明確性要件(特許法36条6項2号)と、実施可能要件(特許法36条4項1号)との重複適用

 このコラムのテーマにおける「重複適用」という見方については、AIPPI(2019)Vol.64 No.2の加藤実著「特…

「ステーキの提供システム」の発明を再び考える

 「ステーキの提供システム」について、最終的に特許になったメインの発明は、次のとおりです(その経過については、Octob…

ゴルフボールの発明に思う

 次の図を見て、何かを連想しませんか。小生は、サポート要件が問題となった偏光フィルム事件(平成17年(行ケ)第10042…

裁判所のある考え方 -特許クレームの作成、解釈のヒント-

 進歩性関連の裁判例を追っていたところ、平成22年(行ケ)第10064号審決取消請求事件(知的財産高等裁判所平成22年1…

「ステーキの提供システム」の発明から学ぶ-その3

 ここでは、第3段階の特許取消決定取消請求事件(平成29年(行ケ)第10232号、平成30年10月17日判決言渡)の判決…

「ステーキの提供システム」の発明から学ぶ-その2

 ここでは、第2段階の異議申立て(異議2016‐701090号)のやり取りを検討します。 J-PlatPat上の異議…

「ステーキの提供システム」の発明から学ぶ-その1

 「ステーキの提供システム」は、今話題の発明の一つです。その発明は、特願2014‐115682号として特許出願され、特許…

商標権の禁止権

 下記の図は、特許庁のHPからの抜粋です。 この図に示すように、商標権には専用権(商標法第25条)と禁止権(商標…

ゴルフ用ボールマーカー事件に学ぶ

 「ゴルフ用ボールマーカ―事件」とは、登録意匠1217691号に基づく謝罪広告等請求事件です(原審:東京地裁平成18年1…

脇下汗吸収パッド事件に学ぶ‐付録

 「脇下汗吸収パッド事件」を紹介する中で、【第2の学び】において「考案・発明の把握に少し納得ができません。」という言及を…

さらに記事を表示する

知財実務研修の記事タイトル一覧

PAGE TOP