ブログ

保科 敏夫の記事一覧

事例を通して第3条第1項第3号の商標を再び考える

事例を通して第3条第1項第3号の商標を再び考える 商標法第3条第1項第3号の商標(つまり、産地、販売地等を普通に用いられる方法で表示する標章のみの商標)については、February 19, 2019のコラムでも考えました。

「発明の把握」という用語

 「発明の把握」という用語は、特許の実務を語る際のキーワードです。小生は、この用語が示す内容こそ、実務の良否を決める一番…

クレームの中の句点

 クレームとは、特許を受けようとする発明を特定する請求項です。現時点において、そのクレームには、発明を特定するために必要…

商標法4条1項11号の類否判断の死角

 特許実務を中心に行う小生にとって、商標実務は、特許に比べて論理的に明確に理解することができないことが多いです。テーマ中…

商標「ゲンコツ」と商標「ゲンコツ〇〇」との類否

 皆さん、「ゲンコツ」に係る事件をご存知のことと思います。標準文字による引用商標「ゲンコツ」との関係で、標準文字による結…

特許における三審制

 三審制とは、訴訟制度を語る用語であり、第1審の判決に対して第2審(控訴)、第3審(上告)の2度の不服申立て、つまり、第…

発明把握の中の帰納法/演繹法

 特許実務家にとって最も身近な発明の把握は、発明者が生み出した発明を、特許を受けようとする発明に変換する思考作業です。こ…

日本語明細書の添削/リライトに思うこと

1 添削/リライト 「添削」とは、すでにある文章を良くする作業の一つです。その添削作業は、文章の中の誤りや不明確な部…

日本語明細書を改善するためのヒント

1 日本語明細書の数的な現況 特許行政年次報告書(いわゆる特許庁年報)の2019年版によると、日本の国内における特許…

特許の文章に思うこと

 特許制度は、新しい技術を公開した者に対し、独占的な保護を与える制度といわれます。文章は、この制度を動かす基本的な媒体で…

さらに記事を表示する

知財実務研修の記事タイトル一覧

PAGE TOP