ブログ

商標法4条1項11号の類否判断の死角

 特許実務を中心に行う小生にとって、商標実務は、特許に比べて論理的に明確に理解することができないことが多いです。テーマ中の用語「死角」は、そのような論理的に理解しがたいことを意味します。商標法4条1項11号の類否判断には、多くの「死角」があります。それらの「死角」の中に、たとえば、先願登録商標「SNOW WHITE」(指定商品:菓子及びパンなど)と後願登録商標「スノーホワイトアップルパイ」(指定商品:アップルパイ)とが非類似であること(2018年9月23日のコラム“商標権の禁止権”で紹介)、そしてまた、先願登録商標「海賊」(指定役務:飲食物の提供)と後願登録商標「海賊スパゲッティー」(指定商品:飲食物の提供)とが非類似であること(2019年10月1日のコラム“商標「〇〇」と商標「〇〇+役務名」との併存に思う”で紹介)、があります。なぜ、明確には理解できないかといえば、商品‘アップルパイ’に対して、「スノーホワイトアップルパイ」の要部は「スノーホワイト」ではないのか、あるいは‘アップルパイ’に対して「SNOW WHITE」の使用は、「スノーホワイトアップルパイ」との区別化ができないのではないか、また、料理‘スパゲッティー’の提供に対して「海賊」の使用は、「海賊スパゲッティー」との区別化ができないのではないか、という疑問があるからです。

 そのような疑問を解消するため、同様の類否判断事例について調べ、現状の実務的な取扱いを把握することにしました。その結果を次にメモ的に記します。

先願 後願

「SNOW WHITE」:5273780T
菓子及びパンほか

「スノーホワイトアップルパイ」:6067397T
菓子及びパンをアップルパイに補正
「海賊」:5732557T
 飲食物の提供
「海賊スパゲッティー」:5970535T
飲食物の提供
「げんこつハンバーグ」:3364234T
ハンバーグの提
「げんこつ」:4676648T
飲食物の提供をらーめん・ぎょうざ・しゅうまい・肉まんじゅうの提供に補正
「爆弾ハンバーグ」:3002310T
ハンバーグ料理の提供

「爆弾うどん」:5202655T
飲食物の提供をうどんを主とする飲食物の提供に補正

「ばくだんちゃんぽん/バクダンチャンポン」:5294754T
ちゃんぽんを主とする飲食物の提供

「ばくだんらーめん/バクダンラーメン」:5347429T
ラーメンを主とする飲食物の提供

「ばくだんやきそば/バクダンヤキソバ/爆弾焼きそば」:5766941T
やきそばを主とする飲食物の提供

 以上の検討結果から、現状のプラクティス上、商標「〇〇」と商標「〇〇+役務(商品)」との併存のために、次のような事項が求められるようです。

(1)後願については、先願指定の役務/商品とは異なる内容、たとえば、下位あるいは具体的に絞られた内容が求められるようです。たとえば、菓子及びパンに対して「アップルパイ」、ハンバーグの提供に対して「ラーメン」などの別の特定、が求められます。

(2)上の(1)に関して、「海賊」、「海賊スパゲッティー」の場合、先後願ともに『飲食物の提供』という同じ内容になっている点、合点がいきません。“提供される役務のメニューと理解されること”を考慮した配慮がなされていないからです。誤審であると考えたいところです。

(3)「爆弾」の関係の商標には、『爆弾+役務』のみが権利化されていますが、その中に「爆弾」の権利が入り込む余地があると思われます。また、「げんこつ」の関係の商標において、『げんこつ亭』や『げんこつ堂』などの商標について、権利化可能です。

 これらの結果からも分かるように、商標については(特許でも同様ではありますが)、判断主体によって、あるいは世の中の変化に伴って、権利化するための条件はかなり流動的です。自ら考える専門家にとっては、100%登録(別にいうと、審査が不要)の時代の到来といっても過言ではありません。

関連記事

  1. 結合商標の要部抽出を考える
  2. 「リラ宝塚事件」と「つつみのおひなっこや事件」との二つの最判の意…
  3. 商標登録出願の分割要件の強化
  4. 「白砂青松事件」を考える
  5. 第3条第1項第6号の商標
  6. 「白砂青松事件」を考える-付録
  7. 結合商標の類否判断
  8. 結合商標の類否判断に関する二つの最判の関係
PAGE TOP