ブログ

「リラ宝塚事件」と「つつみのおひなっこや事件」との二つの最判の意義

 「リラ宝塚事件」と「つつみのおひなっこや事件」とは、複数の構成部分を含む結合商標の中から、ある構成部分を分離抽出することについての基準に言及しています。最判ということから、その基準は、実務に拘束力を及ぼすと考えられますが、それら最判の理解が必ずしも統一されていない感がします(たとえば、先のコラム中の第22回商標審査基準WGの資料1-1:結合商標における類否判断(4条1項11号)の商標審査基準について(案))。

そこで、二つの事件をモデル化しつつ、各最判の意義を考えてみたいと思います。
まず、「リラ宝塚事件」では、次の模式図が示すように、「抱琴(リラ)の図形」と「寶塚の文字」との結合が問題になりました。


 「抱琴(リラ)の図形」と「寶塚の文字」との表示態様を形式的に見るとき、それらは分離可能な態様です。しかし、最判は、そのような“不可分的に結合していない”形式的な態様から、「抱琴(リラ)の図形」と「寶塚の文字」との結合性を判断することなく、それら図形と文字との商標的な意義を検討、つまり、実質的に結合性を判断しています。具体的には、「抱琴(リラ)の図形」は、リラという名称を有することが指定商品の取引に関係する一般人に広く知れわたっているわけではないこと、しかも、「寶塚の文字」は、ほぼ中央部に普通の活字で極めて読みとり易く表示され、独立して看る者に注意を引くように構成されていること、の各事実の下において、「不可分的に結合しているものではない」と、実質的な判断をしています。

 したがって、この「リラ宝塚事件」は、表示態様という形式的な面から「分離抽出」可能と判断するのではなく、「抱琴(リラ)の図形」と「寶塚の文字」との結合性を実質的に検討することにより、両者の結合性を判断すべきであること、を教えています。別にいうと、見た目で要部抽出し得る場合でも、むやみやたらに要部抽出すべきではなく、結合性についての実質的な判断をしたうえで分離抽出の可否を判断すべきであるというものです。

  次に、「つつみのおひなっこや事件」については、次の模式図が示すように、「つつみ(の)の文字」と「おひなっこやの文字」との結合が問題になりました。


 「つつみ(の)の文字」と「おひなっこやの文字」との表示態様を形式的に見るとき、それらは一体的で分離できない態様です。このような場合、最判は、一部の部分を分離抽出することを原則として許されない、とします。ただ例外として、一部の部分が、出所識別標識として強く支配的な印象を与えると認められる場合などには、分離抽出を認める、とします。したがって、一部の部分について、出所識別標識としての強さ(支配的な印象)があるか否かを実質的に検討したうえで、はじめて分離抽出を行うことが認められます。

 以上のように、「リラ宝塚事件」と「つつみのおひなっこや事件」とは、複数の構成部分を含む結合商標の中から、ある構成部分を分離抽出する際の基準を述べている点で共通します。しかし、「リラ宝塚事件」は、複数の構成部分が表示態様の点からもともと分離可能な形態であるのに対し、「つつみのおひなっこや事件」は、複数の構成部分が表示態様の点からもともと分離できない形態である点で、判断の対象が互いに異なります。そして、前者が互いに離れた構成部分同志の結合性を問題にしているのに対し、後者は互いに一体の構成部分の分離性を問題にしています。したがって、「リラ宝塚事件」と「つつみのおひなっこや事件」とは、結合商標の中でも互いに異なる態様の商標を対象とし、その判断についても、一方が結合性、他方が分離性を問題にしているという違いがあります。

 ある見方として、分離抽出の基準を述べているという点で、「リラ宝塚事件」と「つつみのおひなっこや事件」とは共通し、「つつみのおひなっこや事件」について、「リラ宝塚事件」からさらに要部抽出できる可能性を拡げたものと解釈することができるとするものがあります。しかし、そのような見方は、両事件が互いに異なる態様の商標を対象としている点、および判断の内容が異なる点から、妥当とはいえないのではないでしょうか。二つの最判は、要部抽出をする上での制限事項あるいは留意事項を挙げることにより、要部抽出に寛容な今までの審査に対し警鐘を鳴らしている、という別の見方の方が妥当である、と考えます。

関連記事

  1. 商標「〇〇」と商標「〇〇+役務名」との併存に思う
  2. 「音楽マンション」関連の商標から学ぶ
  3. 「ネオ」と一般的な商品名を含む商標
  4. ふりがな付きの商標
  5. 事例を通して第3条第1項第3号の商標を再び考える
  6. 結合商標の類否判断
  7. 商標「ゲンコツ」と商標「ゲンコツ〇〇」との類否
  8. 結合商標の類否判断に関する二つの最判の関係
PAGE TOP