ブログ

2019年 11月

「ネオ」と一般的な商品名を含む商標

 商標の構成要素あるいは構成部分として、「ネオ」(あるいは「NEO」)を含む商標は意外と多いです。しかし、「ネオ」は新あ…

“転がりにくい鉛筆”の発明把握

 先のコラムで、“転がりにくい鉛筆”(断面を正六角形にすることにより、転がりにくくした技術)に関して、クレームの記載を話…

「鉛筆クレーム」を今一度

 先の“「鉛筆クレーム」のいろいろ”(11月3日付)のコラムにおいて、数例の鉛筆クレームを紹介しました。その紹介には、二…

「鉛筆クレーム」のいろいろ

 特許実務者にとって、一番の難しさは、クレーム(特許請求の範囲あるいは請求の範囲)の記載にある、ということができます。こ…

知財実務研修の記事タイトル一覧

PAGE TOP