知財実務研究

「知的財産に関する専門家」の喜び

 弁理士法第1条に「知的財産に関する専門家」という表現を見出します。また、知的財産については、知的財産基本法第2条が、発明、考案・・・その他の事業活動に有用な技術上又は営業上の情報をいう、と定義しています。知的財産は広範囲であり、一人の弁理士がそのすべての範囲の知的財産に一流であることは不可能に近いのではないでしょうか。なぜなら、各知的財産には、対応する法律のほか、運用のための行政基準、事件ごとの司法判断など、取り巻く情報が氾濫しているからです。

 知的財産に関する専門家は、代表的には弁理士なのかも知れませんが、それ以外に、弁理士の資格をもたない人、審査官や審判官を含む特許庁関係者、知財関連の事件を扱う裁判所関係者、さらには、知的財産関連の学者や研究者など、多数の人がいます。知的財産の範囲が広いことに加えて、取り扱う機関も多いことから、知的財産に関する専門家はかなりの数を占めると思われます。

 ここでは、そのような専門家の喜びについて考えたいと思います。知的財産は、広範囲ですが、他の分野の対象に比べて、特殊であり専門性が高い、と一般にいわれます。専門性が高いことから、その業務に対する報酬は高く(?)、その面からもやりがいのある、と考える人もいるでしょう。また、知的な活動の中に自己の考えを作り出すことができる、という喜びを語る人もいるでしょう。

 知的財産は事業活動に有用な情報です。したがって、たとえば発明者が創作する発明自体も、形式的には、この知的財産に含まれます。その点から、知的財産の原始的な創作者も「知的財産に関する専門家」に入るという考え方をとることもできます。しかし、一般的に、そのような発明者は、「知的財産に関する専門家」には含めないのが妥当である、と思います。なぜなら、発明者は、発明という新たな情報を作り出すことにより、喜びを感じとることができるからです。知的財産の専門家は、そのような原始的な情報を加工し、あるいはその情報に基づいて新たな情報をさらに作り出したり、表現された情報の価値を正しく判断した結果を新たな情報として作り出す作業を通して、社会参加の喜びを感じます。すなわち、「知的財産に関する専門家」には、原始的な情報に新たな価値を付加し作り出すこと、あるいは表現された情報に対する、正しい判断情報を作り出すこと、などの新たな作業が求められる、と考えます。

 「知的財産に関する専門家」の喜びは、基本的に、基礎情報の上に、新たな価値を加えることができたとき、あるいは、表現された情報の内容について、正しい判断をすることができたとき、に初めて生まれる、と考えます。そのような喜びは、基礎情報の本質的な価値を見出すこと、あるいは、表現された情報の本質を理解すること、があってこそ感じることができるものだと思います。

 いろいろな裁判例、それら裁判例の紹介をする論文を読みながら、「新たな価値を作り出すこと」、「本質の理解に基づく正しい判断をすること」の難しさを感じています。といっても、それは、小生の価値判断に基づく考え方です。「知的財産に関する専門家」として、皆さんはどのようなお考えをお持ちでしょうか。

関連記事

  1. 著作物の保護期間に思う
  2. 知財の存続期間に思うこと
  3. このコラムの趣旨
  4. 中小企業の知財を考える-その2
  5. 中小企業の知財を再び考える
  6. 中小企業の知財を考える
PAGE TOP