知財実務研究

2019年 5月

発明の「効果」を考える

 「明細書に効果は記載すべきではない」という論考に出会いました(パテント2019年5月号)。これを契機に、発明の「効果」…

中小企業の知財を再び考える

 下記の二つの図は、特許行政年次報告書2018年版(いわゆる、特許庁年報2018)からの各抜粋です。 前の図…

特許サポート要件に思う

 近年、記載要件不備の拒絶理由が増えているようです。記載要件には、明確性要件(特許法36条6項2号)、サポート要件(特許…

知財実務研修の記事タイトル一覧

PAGE TOP