知財実務研究

KSR判決の再考-差異

 問題の’565号特許のクレーム4の発明と、主文献のAsano特許との技術的な差異は、今までの検討の結果、クレーム4の発明の記載上、赤で示すことができます。

 4. A vehicle control pedal apparatus (12) comprising:
 ・a support (18) adapted to be mounted to a vehicle structure (20);
 ・an adjustable pedal assembly (22) having a pedal arm (14) moveable in force and aft directions with respect to said support (18);
 ・a pivot (24) for pivotally supporting said adjustable pedal assembly (22) with respect to said support (18) and defining a pivot axis (26); and
 ・an electronic control (28) attached to said support (18) for controlling a vehicle system;
 ・said apparatus (12) characterized by said electronic control (28) being responsive to said pivot (24) for providing a signal (32) that corresponds to pedal arm position as said pedal arm (14) pivots about said pivot axis (26) between rest and applied positions wherein the position of said pivot (24) remains constant while said pedal arm (14) moves in fore and aft directions with respect to said pivot (24).

 言い換えますと、Asano特許は、赤で示す部分の内容を除いて、クレーム4の発明の技術的事項のすべてを示しています。Asano特許は、自動車システムを制御するための装置として、ケーブルやロッドを通した機械的な制御を示しているだけであり、クレーム4中、赤で示すサポート(18)に支持された電気的な制御装置(28)を示しておりません。

 一方、自動車におけるブレーキやスロットルの制御装置は、自動車の固定部分に支持されていることは当然あるいは周知の技術的事項です。そこで、自動車におけるブレーキやスロットルの制御装置は、「サポート(18)に支持された」という事項を伴うことになります。となれば、自動車における電気的な制御装置を示す、副文献であるRixson特許は、サポート(18)に支持された電気的な制御装置(28)を示すことになります。しかも、このRixson特許は、”an electronic signal rather than a mechanical linkage”という考え方を明示しています。

 当業者にとって、Rixson特許のその考え方は、”a mechanical linkage”を示すAsano特許に対し、”an electronic signal”を橋渡すTSMのいずれかになるのではないでしょうか。それにより、クレーム4の発明は、Asano特許とRixson特許との二つの特許文献に基づいて、非自明性が否定される、と考えるのが妥当です。すなわち、赤で示す差異「サポート(18)に支持された電気的な制御装置(28)」は、「クレーム4の発明が全体として当業者に自明であるほどのもの」であると判断されます。

 それにもかかわらず、KSR事件においては、「厳密なTSMテスト」、「柔軟なTSMテスト」という捉え方の相違を生じ、地裁、CAFC、最高裁で同一の判断がなされなかったのです。その原因については、今までの検討の中にすでに示唆しています。小生は、その示唆する事項が、非自明性(進歩性)に関係する特許実務にとって、きわめて大切である、と確信します。

関連記事

  1. 「ステーキの提供システム」の発明から学ぶ-その2
  2. KSR判決の再考-問題のクレーム4の発明/非自明性の争点
  3. 「ステーキの提供システム」の発明から学ぶ-その1
  4. KSR判決の再考-問題のUSP
  5. KSR判決の再考-関連する第1の特許文献(Asano特許)
  6. 商標権の禁止権
  7. KSR判決の再考-非自明性(進歩性)の規定
  8. KSR判決の再考-問題のUSP-その2
PAGE TOP