知財実務研究

「リラ宝塚事件」と「つつみのおひなっこや事件」との二つの最判の意義

 「リラ宝塚事件」と「つつみのおひなっこや事件」とは、複数の構成部分を含む結合商標の中から、ある構成部分を分離抽出することについての基準に言…

結合商標の類否判断に関する二つの最判の関係

 ここでは、先のコラム(「リラ宝塚事件」を再考する)で話題にした、「リラ宝塚事件」と「つつみのおひなっこや事件」との二つの最判の関係について…

「リラ宝塚事件」を再考する

 「リラ宝塚事件」は、商標中に“寶塚”という文字を含む結合商標(本願商標)と、“寶塚”という文字だけの引用商標との類否判断が問題となった…

数値限定を含む発明の把握

 特許を受けようとする発明について、数値限定を一つの特定事項として把握する場合があります。特許第3909365号の掲載技術は、その一例です。…

著作権法第12条の編集著作物に思う

 著作権法第12条第1項は、 編集物(データベースに該当するものを除く。以下同じ。)でその素材の選択又は配列によって創作性を有するものは…

「音楽マンション」関連の商標から学ぶ

 商標実務を行う上で、「音楽マンション」関連の商標(商標実務家にはよく知られた商標ではないでしょうか)は、いくつかの考える材料を提供していま…

補正に思うこと

 補正、つまり、不十分な箇所を補い正すことは、知財の手続きにおいてごく普通です。この補正について、いわゆる青本は、「手続の円滑迅速な進行を図…

第3条第1項第6号の商標

 「カラダを守る乳酸菌」という標準文字による表記について、たとえば、乳酸菌を含有する乳清飲料などを含む指定商品の下に、商標登録が認められまし…

「地下構造物用丸型蓋」発明の把握、特には、本質的部分の把握(5)

 「地下構造物用丸型蓋」の事件について、数回にわたって検討してきました。最後に、「本質的部分」に少しだけ触れたいと思います。 「本質的部…

「地下構造物用丸型蓋」発明の把握、特には、本質的部分の把握(4)

 この侵害差止等請求事件における、いわゆるイ号を説明します。次のF1およびF2は公報における図3および図2に対応する形態でイ号を示し、また、…

さらに記事を表示する

知財実務研修の記事タイトル一覧

PAGE TOP